スマホゲームの課金の仕組み。高額請求が来たら…

スマホゲームをしている女性

 

スマートフォンが小中学生にまで普及したことで、利用料金などお金に関するトラブルも増えています。特に多くの相談が寄せられているのが、スマホゲームでの課金です。これはスマートフォンにダウンロードして遊べるアプリのことで、多くは誰でも始めやすいように無料で提供されています。お金を払わなくてもプレイできることから、端末の保有者は色々なアプリをダウンロードして面白いと思えたものを長く遊び続けるのが一般的です。

 

無料で遊べるアプリなのにお金の問題が絡んでくるのは、アプリ内に課金と呼ばれるシステムがあるためです。課金とはアプリ内のアイテムやキャラクターを現実のお金を支払って購入できる仕組みのことで、ランキングに登場する多くのアプリで実装されています。いずれもゲームを有利に進める上で非常に役立つため、プレイヤーは課金をしてそれらを入手し楽しみます。もちろん最後まで無料で遊べるのは事実なので、法的な問題は何らありません。

 

問題となるのは、子供が多額の課金をしてしまった場合です。プレイヤーが欲しがるアイテムはくじ引き形式で当てることができるのですが、出現率が非常に低く設定されており、運が悪いと何万円とつぎ込んでしまうケースもあります。子供であれば通常はこうした多額のお金をつぎ込むことはできませんが、たまたま親のクレジットカードを見つけたり、入力した番号が残っていた時などに悪用されるケースが相次いでいます。親はこうしたゲーム課金の仕組みを知らないため、高額請求が来て初めて子供がしていることに気づくのがほとんどです。

 

万が一高額請求が来たときには、親が許可していないのであれば、救済を求めることも可能です。パケット代などの通信費については、携帯電話会社に相談することで解決できることもあります。課金による支払いについても、消費者センターなどに相談すれば良い解決策を提示してもらえます。もし親だけでなく子供も身に覚えがない請求であれば詐欺の可能性も高いので、そのまま無視するか警察に相談すると安心です。

 

携帯代・スマホ代が払えないと…