話題の格安スマホで携帯代が安くなる理由と、その携帯代の目安

格安スマホで電話する女性

 

格安スマホ、一体どのくらいなのでしょうか。実は安い場合は月額が500円程度の場合があります。一般的なスマホの契約なら月額が6000円から8000円くらいであるとことを考えるとまったく考えられないような安さですが何故なのでしょうか。それにはもちろん理由があります。基本的にはメリットが多いのですが、ここでは、デメリットに焦点を当てて説明したいと思います。

 

ます一般的な契約では月々の利用料は高いのですがスマホの端末の値段はとても安いのです。ほとんどの場合只です。二年契約で継続して利用することを約束することで携帯代が安くしているのです。しかし格安スマホではそういう値引きはありません。

 

スマホをそれなりの値段で購入する必要があります。またとても安い契約。例えば月額が500円程度と言うような場合には通常の音声通話がついてきません。データ通信だけです。つまり090や080で始まる携帯の番号がないのです。ただしその場合でもIP電話を使うことで音声通話が出来るのですが通常の携帯電話と同等の品質を確保しているとは言いがたいです。

 

遅延が発生し、発着信もやや不安定になります。またデータ通信も通信速度や通信料の上限を低く設定しています。一般的に利用ではあまり気にならない人が多いかもしれませんが、この様な制限を少なくする契約を選ぶと一般的な携帯代に近づいてきます。携帯端末代は別としてあまり不自由にならず使える目安としては月額1500円くらいでしょうか。端末込みで3000円くらいが目安でしょうか。

 

ただし、通信環境の改善などはかなり早く進んでいく可能性もあります。この記事が誰かに読まれる頃はもしかしたら全く違う状況がということも考えられます。あくまで格安スマホのデメリットは、いっときのものと考えられもします。注目のSIMフリー、一度検討してみてもいいでしょう。

SIMフリー